ハーバー10ホテルはロマンチックハーバーシティ高雄の中心部に位置し、市議会駅2号出口(徒歩6分)にも近く、愛河リバーサイドの美しい夜景を一望することができます。付近には駁二芸術特区、打狗故事鉄道館、新堀江商圏、六合観光夜市といった多くの観光スポットがあり、食と遊びを一度に楽しむことができます。

Sample image for first version of blog listing

愛河

愛河は高雄市仁武区を源流とする高雄市街地を流れる高雄の主要河川の1つで、街の母ともいえる河です。下流の河岸は整備されて河浜公園となっており、市街地散策の休憩場所に最適です。また、端午節のドラゴンボートフェスティバルや元宵節のランタンフェスティバルの会場にもなっています。かつて愛河は工業汚染と都市廃水による深刻な汚染で知られていましたが、近年、両河岸の緑化推進、休憩施設の建設など政府による整備が進められ、ロマンチックな姿が取り戻されました。

夜になると愛河の水面に沿ってネオンライトが輝きを放ちます。東西の両岸には異なる趣きの「愛河曼波」と「黄金愛河」のアートカフェがあり、魅惑的なコーヒーの香りと緩急入れ替わる美しい音楽に、知らず知らずのうちに引き寄せられてしまいます。港湾都市のハーバーリゾートに、身も心もゆだねて存分にリラックスしてください。

当ホテルから約50m、徒歩約1分


駁二芸術特区

高雄港の第3ドック内にあり、元々は普通の港湾倉庫でしたが、2001年、情熱に満ちた芸術文化の名士たちによって駁二芸術発展協会が設立され、南部の芸術文化の発展基地として駁二芸術特区が生み出されました。駁二はユニークなオープンアートスペースとして区画され、アーティストや学生に創作発表の場を提供し、高雄で最も人気のある文化スポットとなっています。

駁二芸術特区では高雄デザインフェスティバル、漢字フェスティバル、スチール彫刻アートフェスティバル、コンテナアートフェスティバルといったさまざまな芸術文化イベントが不定期に開催されています。各イベントは都市のクリエイティブな魅力にあふれ、常に新しいコンセプトと様相を見せるエネルギッシュな駁二は、港湾都市の魅力的な文化とライフスタイルの美学を形づくっています。クリエイティブワークショップには、異なるスタイルのアーティストチームが滞在し、港湾都市に力強いアートの息づかいをもたらすために、アートとライフスタイルの融合に力を注いでいます。駁二芸術特区はアート創作とアートスピリッツを伝える新世代の創作実験の場として、また、高雄における南部アートの新しい流れを切り開くために生み出されました。

当ホテルから約1.5㎞、車で約7分

Second image in the first version of blog listing

Sample image for first version of blog listing

玫瑰聖母堂

テレビコマーシャルでよく目にする優美なスタイルのこの教会は、海外でロケを行ったように思われるのですが、実は台湾最大のカトリック教会「玫瑰聖母聖殿司教座堂」です。愛河のほとりに建つ玫瑰聖母教会は1859年に設立され、カトリック教会が台湾に建設した初めての教会であると同時に、近代台湾カトリック教会の発祥の地でもあり、100年以上にわたって多くの南部住民の信仰の中心となっています。現在はカトリック高雄教区の大聖堂となっており、アジア3大聖堂のひとつでもあります。

当ホテルから約250m、徒歩約5分


光栄碼頭

光栄碼頭は愛河河口と高雄港が交わる境界にあり、かつて13号埠頭は人員と軍事物資を金門島と馬祖に送るための重要拠点となっていました。その名誉ある役目を終えた後に光栄碼頭と名前を変え、観光レジャーエリアとして開放されました。長さ500メートルにもおよぶ緑豊かなカーブ状の景観遊歩道と、壮観な広さの親水広場があり、ここで見ることのできる青い空と海が都市の高層ビルと織りなす壮大な光景や、高雄港の1日を通して異なる表情を見せる美しい景色に誰もが酔いしれることでしょう。光栄碼頭は対岸の塩埕区にある真愛碼頭と相対しており、両岸を結ぶ自転車専用道路もあり、港湾都市の美しさを自由に楽しむことができます。現在、碼頭近くにポップミュージックセンターが建設中で、2017年のオープン後には、光栄碼頭エリアは高雄市をけん引するモダンなマルチレジャー文化エリアとなることが期待されています。

当ホテルから約500m、徒歩約8分

Second image in the first version of blog listing

Sample image for first version of blog listing

真愛碼頭

(「海洋文化とポップミュージックセンター」の建設により、真愛碼頭は一時的に立ち入りが禁止されています)br> 真愛碼頭の正式名称は12号埠頭で、かつては貨物船の積み下ろしを行う埠頭でしたが、コンテナ船の隆盛に伴い徐々に廃れていきました。真愛碼頭は愛河河口にあり、高雄市街地と旗津のフェリー埠頭にそれぞれ面している2枚のヨットの帆のような特殊な造形となっています。これは港と対話する高雄市を象徴するもので、「真愛」を掲げたその名にロマンチックな想像がかきたてられます。ここからは高層ビルが立ち並ぶ高雄のモダンな都市の風景を眺めることができます。また、高雄港に大型船が入港するダイナミックな様子を見ることもでき、昼と夜とでそれぞれ異なる姿を楽しむことができます。

当ホテルから約600m、徒歩約9分